田村ゆかり

ゆかりんの活動が寂しすぎる

投稿日:

もはや王国民は難民となってないでしょうか。

最近の活動はメインがメルマガ

王国民にとって、今(2017年2月)、姫から受け取る事ができるのは毎日のブログ的なメルマガのような日記のメールのみとなっています。王国民に対して姫からせめてものつながりを保とうとされての事と推察いたします。

Twitterの方はめっきりつぶやかれなくなってますが、鳩さんは毎日来ます。

素敵な事だと思います。どうか続けていただきたいと思います。

新旧交代以上の少なさ

今、活動として公式に発表されているのはこちらです。ゲーム以外ですが。

●TVアニメ
「セイレン」(鬼型雅美)
http://www.tbs.co.jp/anime/seiren/

「グランブルーファンタジー ジ・アニメーション」(イオ)
http://anime.granbluefantasy.jp/

●映画
「劇場版 魔法少女リリカルなのは Reflection」(高町なのは)
http://www.nanoha.com/

「劇場版 黒執事 Book of the Atlantic」(エリザベス・ミッドフォード)
http://www.kuroshitsuji-movie.com/

出演情報! | 田村ゆかり Official Web SiteⅠYUKARI TAMURA Official Web Site

アニメ2本に映画2本、声優さんとしては新旧交代の波という見方もあるかもしれません。業界が苦しいと、ギャラが安い若手を起用してしまう傾向もあるかもしれません。

ライブはもうしないのか

一番の関心事はライブはどうするのかということではないでしょうか。

 

体力的に無理だから姫が辞めたいと思ったからでしょうか。

曲の権利関係の問題があることは分かります。もしこれが完全にクリアになったとしても、桃色男爵、桃色メイツ、音楽創作者、PA、照明・・・といった、今までゆかりんライブを支えてきたチームの存在はとても大きいはずです。

事務所はアミュレートに移りました。だから歌が歌えないという事はないようですが、少なくともかなりやり方を変えた形か、かなり時間がかかりそうです。

 

規模を小さくしてもライブは続けたいと発言されていた事もありましたが、今の様子ですと歌やライブは完全にあきらめてるように思えます。

 

水面下で話がいい方向に向かっている事を切に願うばかりです。

トークの仕事はしないのか

鷲崎氏や伊福部氏の番組へ、ゲスト出演はされています。

話の切れ味や面白さ、話題に対する感覚の鋭さ、発想は全く衰えを感じませんでした。

 

いつかどこかでラジオをやる機会があったら・・・という話題には姫ご本人からはノーコメントでした。

 

あれだけトークスキルがあるのだから、何らかの形で番組に出演するという可能性はあるとは思います。個人的、希望的観測に過ぎませんが。

応援したいアーティスト

声優としてももちろん、歌、トークの魅力の虜です。

是非、今までと違う形であっても何かを発信し続けていただきたいと思っています。

現状は正直寂しいです。

-田村ゆかり

Copyright© うえちゃんず log , 2017 All Rights Reserved.