田村ゆかり

ゆかりん楽曲ベストテン

更新日:

ゆかりんBD勝手に今、ゆかりんの好きな曲ランキングをしてみました。

私の好みなので、どうしてこの曲よりこの曲が上なの?とか、どうしてこの曲が入ってないと?と思われる人もいらっしゃるでしょうが、そこは生暖かい目で見ていただければありがたいです。

自分用のまとめなのと、ゆかりんの事をあまりご存知ない方へ良さを少しでもお伝えできればと思っています。

1位:好きだって言えなくて

2014年12月24日リリースの、あのねLove Me Doへの収録曲です。
直球ストレートのタイトルですが、優しいメロディーにいつも癒されます。
Aメロのハモりがとても美しく、聞き惚れます。
元気でアゲアゲな曲が多いゆかりんの中で、切なくも美しいこの曲は今マイブームです。

2位:Pleasure treasure

2014年12月24日リリースの、あのねLove Me Doへの収録曲です。
魔法少女リリカルなのは ViVidのエンディング
メロディーの美しさではこの曲はトップクラスだと思います。
ゆかりんの曲の多くを手がけられた太田雅友氏ではなく、板垣祐介氏による曲・編曲です。

3位:もうちょっとFall in Love

2013年4月17日リリースのシングルFantastic futureの収録曲です。
超アップテンポのノリノリです。いつも会ってる人への恋心が芽生えてきてる段階の嬉しさと切なさ。
ウキウキな感じの曲調がとてもキュートです。

4位:fancy baby doll

2006年4月19日リリースのアルバム銀の旋律、記憶の水音。の収録曲です。
ゆかりんに、「世界一かわいいよ」というコールする曲です。
ライブでは、ゆかりんが2番では「もっともっと〜」、3番では「ありがとう〜」って返してくれます。
間奏の間にうさぎの人形を会場に投げ込みます。一匹ずつゆかりんがチューしてから投げるのと、バズーカ砲みたいなのに数匹詰め込んで遠くへ飛ばします。そりゃチューしてくれたやつの方が欲しいですよね。
そんなわけで、セットリストには必須の曲になってるようですね。
曲は明るく可愛い感じです。「可愛く生まれたかった。」「可愛いって言って」「とってもあなたが好き」という、恋愛中女の子に刺さる言葉で綴られています。
「愛してるって何万回言われても不安」っていうのも刺さりますね。まあ、何万回もいう人は欧米人でもいないと思いますけど、日本人は滅多に言わないですよね。

5位:You & Me

2009年12月16日リリースのシングル。
TBSの「カード学園」という番組のオープニングテーマ。m.o.v.eのmostuさんがラッパーとして参加しています。
いくつかのダンスナンバーの内の一つです。
ゆかりんが王国民に対して、ライブではラップパートを練習してできるようになってくるように勅命が出ている事で有名です。
ゆえにゆかりん王国の軍歌と言われていたり、入国必要事項にこのラップができる事が入っています。(嘘)
ゆかりん自身は、「ライブでは人に迷惑をかけずに好きに楽しめばいいと思います。」という発言もあるように、強制をしているわけではないですが、ライブはファンと一緒にいろいろやって楽しめるようにしたいそうです。

6位:微笑みのプルマージュ

2012年8月15日リリースのアルバム、螺旋の果実に収録されています。
魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A'sのエンディング曲です。
しっとりとしたバラード曲ですが、ハモパートが多数入っていて非常に重厚感ある曲調となっています。
メロディーから気持ちが高揚し、私は感動から涙が出ました。
歌詞も、いつもは恋愛の切ない気持ちを描いたものが多いゆかりんとしては珍しく、哲学的な事と、現実の厳しさを受け入れて乗り越えていく強さです。

7位:エキセントリック・ラヴァー

2014年12月24日リリースの、あのねLove Me Doへの収録曲です。
ゆかりんとしては挑戦的な試みで、ロックを巻き舌でカッコよく歌ってます。
収録の時に試しに巻き舌で歌ってみたらはまって、一時はものすごい巻いてたそうですが「巻きすぎ」と言われて少し抑え気味で録ったそうです。
いろいろな声色、キャラクターを演じる流石声優さんですね。
「泣いちゃう時も カメラの前で笑う 君のドール」ってもしかしてゆかりん自身の事ですか?って錯覚しちゃいます。
ライブ、Lantana in the Moonlightでは本編ラストのマイクパフォーマンスが衝撃的でした。
歌っているゆかりんの据わった目がかっこいいです。
個人的には曲のビートが途中で裏打ちに変わる所がカッコよすぎて痺れます。

8位:Super Special Smiling Shy girl

上記You & Meに収録されている曲で、ライブでオーディエンスの皆様と一緒に歌うために作られたとか。
これも非常にノリのいい曲です。ただ単に元気とかじゃなくて、イントロがカッコイイし歌のリズムの刻み方が気持ちイイのでランキングさせていただいてます。

9位:チェルシーガール

2008年2月27日リリースのアルバム、十六夜の月、カナリアの恋。に収録されています。
実は、私がゆかりんで最初に好きになった曲がこれでした。
元気、ノリの良さ、可愛らしさを兼ね備えた曲です。
歌詞は相手の事が大好きなんですけど片想いなんですよね。かなりの割合でゆかりんの曲は片想いです。
でも、恋って片想いから始まるものですよね。

10位:アンドロメダまで1hour

2012年8月15日リリースのシングル、螺旋の果実へ収録されています。

ワン、ツー、ワンツースリーフォーの掛け声で始まる、やはりノリノリの曲です。ライブ、キュンキュンハートでは舞台下から飛び出す時に勢い余って腰砕けになるというハプニングが可愛かったです。

アンドロメダってあの大星雲の事だと思うのですが、アンドロメダ銀河といい、250万光年の距離にあるそうです。そこまで1時間というのですからワープするんでしょうね。でも帰ってきたら地球は500万年後になってるという・・・

 

まとめ

いかがでしょうか。私の中での「今のランキング」なので、もちろん今後変化していく可能性もあります。

好きな曲が最近のものに偏っているのはにわかなので悪しからずご了承いただければと思います。

 

-田村ゆかり

Copyright© うえちゃんず log , 2018 All Rights Reserved.